*

キャリアプランを立てよう

公開日: : 最終更新日:2014/08/19 転職を決断する前に

 40歳で転職を決意したとき、まずすべきことは何だと思いますか?それは、キャリアの棚卸しをしたうえで、自分のこれからのキャリアプランを立てることです。では、なぜ転職をするにあたって、キャリアプランを明確にしなければならないのでしょうか。それは、終身雇用制が崩れたいまの日本では、大企業ですら倒産する可能性があることを理解し、いつ何があっても困らないように、自ら主体的にキャリアを積み上げておくことが、自分の将来を守ることにつながるからです。

 キャリアプランは、自分が将来どうなりたいかという、理想の自分を描くことから始まります。その目標に向けて、いまの自分には何が足りなくて、そのギャップを埋めるために、どんな行動を起こすのかを考えることで、自分が転職すべき企業や仕事の姿が見えてきます。それが、自分のキャリアアップにつながる求人選びの基準となるのです。

キャリアプランを立てるメリットとは?

 40歳ともなると、入社を希望する企業のビジョンと、自分のキャリアアップがマッチするキャリアプランをつくることが重要になります。そのためには、自分が転職市場でどのくらいの価値があるのか、客観的な事実を知らなくてはなりません。そして、40歳ともなれば仕事だけでなく、家族や地域社会とのつながり、仕事以外に人間としての成長の場を持つことなど、ワークライフバランスも考慮する必要があります。専門スキルを完成し、ビジネスマン人生で目指すべきゴールを描くべき40歳だからこそ、キャリアプランをたて、目標達成のために最大限の努力はしながらも、自分の人生を楽しめるように、キャリアプランを立てるべきなのです。

 キャリアプランが明確になれば、どうしたらそれを実現できるのかを考え、戦略を練って行動することができるようになります。その戦略上、どうしても転職をして、仕事のステージや規模を変えたいと思うなら、積極的に求人を探すべきです。ですが、40歳を過ぎてからの転職はリスクを抱える可能性もあります。今後、シニアの雇用が広がり、転職後に働く期間は20年から30年に伸びていくことでしょう。そこまで視野に入れて、キャリアプランを策定してみるのもよいかもしれません。

関連記事

af9980028196l

40歳だからこそ求められる?

企業が40歳に期待していること  景気回復にともない、40歳以降のミドル世代の求人が増えている

記事を読む

gf1420124918l

転職を成功させるにはコツが必要?

転職で失敗する人と成功する人の違い  40歳で転職となると、なかなかスムーズに行かないことも多

記事を読む

転職活動にかける期間が短ければ良いというものではありません

 転職希望者によくある思い込みのひとつに、早期の転職成功があります。簡

転職するなら会社を辞めないで次の会社を探すのがお得ですよ!

 転職をしたい!という男女には、「すぐに会社を辞めます」と言って本当に

デキル人がやっている体調管理の習慣とは・・・?!

 “体調管理も仕事のうち”とよく言われます。デキル人はいつも自分のパフ

面接の時に確認をしておいたほうがいいこと

 転職を希望している40代の男女が、面接を受けると、最後に必ずといって

長年勤めてきた会社の退社理由はどうするか

退社理由で変わる相手の心証  退職の際に重要なポイントとしてこの退職

→もっと見る

PAGE TOP ↑