*

40代だからこその円満退職

公開日: : 退職と入社

円満退職のために

 転職先が決まるとなれば今働いている企業から退職することになります。40代ともなれば長い間その企業で働いてきたことでしょう。と、なると自分が抜けるということは大打撃になることが多いのです。

 その場合に何もしないで退職すると企業が混乱してしまい、その企業が自分に対して最悪の印象を持つことになってしまいます。そうなると後味が悪いので長くやってきたからこそ円満退職をしたいところです。

 円満退職をするには退職することを事前に知らせておき、後継のために引継ぎ作業をしておく必要があります。円満退職ができる目安としてはやはり「自分が抜けてもそこまで大きな支障が出ない」ようにすることです。

 残念ながら抜けるということは必ず何かしら支障が出るのは避けられません。だからこそ支障を最小限に抑えるようにしたいのです。

どうすれば支障を小さくできるか

 支障を小さく抑えるためには退職の際は実際に退職する一ヶ月以上前には知らせておきましょう。そして退職する際にも転職先の入社日のことも合わせて上司と話し合っていくことになります。

 引継ぎ作業に関してはマニュアルの作成など、自分が抜けても問題なく進行ができるように作業しましょう。この際には後を継ぐ人間とも会話をして相手に伝えておけばある程度は大丈夫でしょう。

参考記事

  • 今後のための挨拶回り
  • 長年勤めてきた会社の退社理由はどうするか
  • 関連記事

    今後のための挨拶回り

    40代だからこそ繋がりを大切に  40代での転職活動は厳しいものとなります。そんな厳しい活動の中、

    記事を読む

    長年勤めてきた会社の退社理由はどうするか

    退社理由で変わる相手の心証  退職の際に重要なポイントとしてこの退職の際の理由があります。人によっ

    記事を読む

    転職活動にかける期間が短ければ良いというものではありません

     転職希望者によくある思い込みのひとつに、早期の転職成功があります。簡

    転職するなら会社を辞めないで次の会社を探すのがお得ですよ!

     転職をしたい!という男女には、「すぐに会社を辞めます」と言って本当に

    デキル人がやっている体調管理の習慣とは・・・?!

     “体調管理も仕事のうち”とよく言われます。デキル人はいつも自分のパフ

    面接の時に確認をしておいたほうがいいこと

     転職を希望している40代の男女が、面接を受けると、最後に必ずといって

    長年勤めてきた会社の退社理由はどうするか

    退社理由で変わる相手の心証  退職の際に重要なポイントとしてこの退職

    →もっと見る

    PAGE TOP ↑