*

40代による履歴書の書き方

公開日: : 履歴書と職務経歴書

基本的なことは守れているか

 キャリアを伝えるという意味では職務経歴書が重要ではあるのですが、履歴書も決して軽い存在として見てはいけません。履歴書は自分という人間を紹介するための書類です。

 これをしっかり書かないと自分自身が伝わらないので職務経歴書がどれだけ凄くても無意味になってしまいます。

 まず40代となればビジネスマナーを守れるのは当たり前です。ということは履歴書の書き方に関しても基本的なことは守れて当然というわけです。

 現に履歴書の書き方がおかしいと「そういうマナーすら守れていない人間」として相手からの印象は悪くなります。

 忘れていれば調べるのは当然です。書く前に今一度書き方の学習をしておきましょう。

志望動機と自己PRはどう書くか

 履歴書でポイントなるのはやはり志望動機と自己PRの欄です。具体的な詳細は面接の時に語ることになりますが、その前に相手は履歴書に目を通すことになるため、そのために印象に残るものを書かなくてはいけません。

 とはいいますが基本はやはりその企業の特徴、求めているものと自分のキャリアを合わせて書いていくことになります。

 そのためには相手の企業がどのような人材を求めているかを分析しなければならず、そして自分のキャリアも確認しておかなければいけません。これらが書けないのならもう一度自己分析と企業研究をやり直しましょう。

参考記事

  • 40代で大事な職務経歴書をどう書くか
  • 40代だからこそしっかりと書類を郵送しよう
  • 関連記事

    no image

    40代で大事な職務経歴書をどう書くか

    どう書けばいいか  40代は自分のキャリアをアピールするのが大事であるので、そのアピールのための職

    記事を読む

    no image

    40代だからこそしっかりと書類を郵送しよう

    書類の入れ方に気をつける  転職をするとなれば職務経歴書も書いてそれを封筒に入れることになります。

    記事を読む

    転職活動にかける期間が短ければ良いというものではありません

     転職希望者によくある思い込みのひとつに、早期の転職成功があります。簡

    転職するなら会社を辞めないで次の会社を探すのがお得ですよ!

     転職をしたい!という男女には、「すぐに会社を辞めます」と言って本当に

    デキル人がやっている体調管理の習慣とは・・・?!

     “体調管理も仕事のうち”とよく言われます。デキル人はいつも自分のパフ

    面接の時に確認をしておいたほうがいいこと

     転職を希望している40代の男女が、面接を受けると、最後に必ずといって

    長年勤めてきた会社の退社理由はどうするか

    退社理由で変わる相手の心証  退職の際に重要なポイントとしてこの退職

    →もっと見る

    PAGE TOP ↑