*

異業種は更に難しい

公開日: : 未分類

未経験でも可は募集幅がある

 異業種の人でも応募可能、という求人を出している企業は、全体の半分ほどに達するそうです。この傾向はこの先も続き、なんなら増えていく兆候が見られるとのこと。異業種にチャレンジしたい人にとっては非常に嬉しいデータでもあるでしょう。
 
 しかし、こうした求人が増えているからと言って、簡単に異業種に転職できるとは思わないようにしてください。むしろ、当たり前かもしれませんが、同業種に転職するよりもずっとハードルが高いのです。

 その業種での経験が無くても応募してきて構わない、そんな求人が出ていたとしたら「チャンスだ!」と思うかもしれませんが、そう思っている人が他にもいることを忘れてはなりません。しかも、応募する人の中には、その業種での実務経験がある人も多数存在しているのです。
 
 単純に経験者と未経験者の2択にすることはできませんが、仮にそう考えた場合、どちらが企業に採用される可能性が高いでしょうか。すぐに答えは出るはずです。同じように40代で、同じ職種で同じような経験を積んできたのであれば、やはり同業種で働いていた経験がある人の方が採用の可能性は高くなるでしょう。

営業職でも専門分野は厳しい

 同じ営業職でも医療系とIT系では行う作業が全く異なります。エンジニアにも同じことが言えるでしょう。まず専門用語を覚えたり、その業界のルールや常識を学ばなければなりません。少しでも共通している部分があれば楽ですが、異業種への転職となるとそうした部分は極端に少なくなりますから、どうしても一からのスタートとなってしまいます。
 であれば、企業としては経験者はもとより、仮に同業種での経験がないのであれば、40代の転職者ではなく、もう少し若い人材を確保しておきたいと思うのは当然のこと。こうした思考から、どうしても40代が異業種へチャレンジするのは難しくなってしまうのです。

 ただ、チャレンジすることは決して無駄にはなりません。職種を変えなければ、例え業種を変えたとしても、前職の経験がおおいに活かせることはありますから、それを転職活動中に企業にアピールすることができれば、即戦力として見てもらえる可能性もゼロではありません。
 そのためには

当たって砕けろではなく、綿密な計画や計算のもと書類を作成し、面接に臨む

必要が出てくるでしょう。異業種への転職を目指すのであれば、自身のスキルや実績だけではなく、転職活動そのものが上手く構成できるかどうかが重要になってくるのです。

関連記事

no image

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !

記事を読む

転職活動にかける期間が短ければ良いというものではありません

 転職希望者によくある思い込みのひとつに、早期の転職成功があります。簡

転職するなら会社を辞めないで次の会社を探すのがお得ですよ!

 転職をしたい!という男女には、「すぐに会社を辞めます」と言って本当に

デキル人がやっている体調管理の習慣とは・・・?!

 “体調管理も仕事のうち”とよく言われます。デキル人はいつも自分のパフ

面接の時に確認をしておいたほうがいいこと

 転職を希望している40代の男女が、面接を受けると、最後に必ずといって

長年勤めてきた会社の退社理由はどうするか

退社理由で変わる相手の心証  退職の際に重要なポイントとしてこの退職

→もっと見る

PAGE TOP ↑