*

面接時に条件交渉はしても良い?

公開日: : 必見!面接術

面接時に条件交渉はしない

 40代で転職活動を行い、面接での感触がよいと感じたら、入社後の自分をイメージしてしまうものです。
 まして、面接の際、企業の採用担当者と話が盛り上がった後で、「何か質問はありますか?」と聞かれれば、つい「実際のところ、入社後の年収はどれくらいになるのですか?」と質問したり、「求人票より上げてもらう交渉ができるのでしょうか?」と聞きたくなる場面もあるでしょう。
 
 ですが、どんなに面接が順調に進んだとしても、絶対に条件交渉はしないでください。その話が出た時点で、その応募者は不採用枠に転落するからです。

企業にとって、採用は投資です

 40代ともなると、若い世代と違って、人件費も高くなります。その投資をいかに早く回収できるのか、入社後にいかに会社に利益貢献してくれるのかが、企業の採否のポイントです。まして40代は、管理職として組織を束ねることも期待される世代です。
 
 面接の流れで、立場をわきまえない発言をしたと思われれば、不採用になるのは当然なことなのです。

条件面は気になるところでしょうが、内定を得るまでは、自分から口火を切らない

ように心がけてください。

内定通知が届いたら?

 転職活動の末、内定通知が届いたら、まずは素直に喜んでください。でも、内定したからと言って、そこですべてOKなわけでもありません。条件面で疑問や課題が残っているなら、内定連絡があった後に、きちんと話し合いの場を設けるべきでしょう。
 
 入社手続きに関する説明などもあるはずですので、内定連絡を受けたお礼を伝えながら、「勤務条件を確認させていただきたいので、近いうちにお時間をいただけますか?」とアポイントをとり、会社を訪問して、会って確認をするようにしましょう。
 
 その際、自分で条件提示をする場合は、「●●という仕事で、これだけの貢献が見込めるので、考慮していただきたい」など、具体的な根拠が必要です。年収以上の成果が見込めなければ、条件改善の交渉はできませんので、抽象論や過去の実績ではなく、今後の自分の働きを数値化するなどして、交渉に臨めるように努力しましょう。ただし、条件面で決裂した結果、内定取り消しになる可能性があることも、覚えておいてください。

関連記事

no image

40代だからこそマナーは守る

面接のマナーは覚えていますか  面接の際にはマナーがあります。実際前の職場に就職する際にもそれを覚

記事を読む

af9980011863l

面接の質問の答え方ポイント

よく聞かれる質問の答え方  よく聞かれる質問は市販本をみればほとんどが模範解答例として掲載され

記事を読む

af9980028196l

面接を受ける心構えとは?

 転職の採用試験では書類選考の次に面接試験が課せられるケースが殆どです。書類選考をパスした後に一

記事を読む

sd0010002214l

面接担当者の本音

年齢を感じさせる発言をするのは不可  40代の転職希望者と一言で言っても、会社側が求めてい

記事を読む

af9980016443l

答えにくい質問への対処法とは?

 まず、「会社の悪口は言わないこと」と、嘗てのいわゆる転職バイブルには必ず書いてありました。しか

記事を読む

40代転職で聞かれることは何か

転職の理由  当然のことながら転職するのであれば何故転職したかという理由を聞かれることになります。

記事を読む

逆質問が結果を左右するポイント

逆質問は複数用意しておこう  面接の最後には逆質問としてこちらから相手に質問をすることになりますが

記事を読む

面接の時に確認をしておいたほうがいいこと

 転職を希望している40代の男女が、面接を受けると、最後に必ずといっていいほど「何か質問はありません

記事を読む

転職活動にかける期間が短ければ良いというものではありません

 転職希望者によくある思い込みのひとつに、早期の転職成功があります。簡

転職するなら会社を辞めないで次の会社を探すのがお得ですよ!

 転職をしたい!という男女には、「すぐに会社を辞めます」と言って本当に

デキル人がやっている体調管理の習慣とは・・・?!

 “体調管理も仕事のうち”とよく言われます。デキル人はいつも自分のパフ

面接の時に確認をしておいたほうがいいこと

 転職を希望している40代の男女が、面接を受けると、最後に必ずといって

長年勤めてきた会社の退社理由はどうするか

退社理由で変わる相手の心証  退職の際に重要なポイントとしてこの退職

→もっと見る

PAGE TOP ↑