*

応募できる企業の見極め方

公開日: : 最終更新日:2014/08/07 求人情報収集

40歳でも応募できる企業を見分けるポイント

 近年、行政の指導で、求人票に年齢制限を設けることが禁じられました。ですが、年齢制限がないからと言って、企業が採用したい年齢層が決まっていることに変わりはありません。40歳の中途採用を考えていない企業に応募しても、徒労に終わるだけですので、求人票をしっかり見極めて、採用の可能性があるかどうかを判断しましょう。

 求人票で40歳でも応募可能な企業を見分けるポイントとしては、即戦力として成果を求めるもの、プレイングマネジャーなど管理職を採用するものに、着目することがあります。反対に「重労働あり」という表記がある場合、体力に自信があっても、40歳で面接まで進むのは難しいと言わざるを得ません。

 また求人票とは違いますが、転職サイトの企業案内の中にある年収例が、20代と30代のものしかない場合や、平均年齢の低さを強調している場合、社員の写真に中高年がいない場合は、40歳以降の採用は難しいと判断してよいと思います。
 ぜひ、参考にしてみてください。

求人票を見るときの注意点

 応募可能か否かだけでなく、40歳から転職を目指すのであれば、ほかにもチェックしておきたいポイントがいくつかあります。

 ・勤務地。会社の所在地と就業場所が異なる場合があるので、注意が必要。
 ・雇用形態。「正社員」「正社員以外(契約社員・準社員・嘱託社員など)」では待遇に違いがあるので、要チェック。
 ・雇用期間。正社員募集でない場合、契約更新の可能性があるか否かを確認。
 ・就業時間。一日の勤務時間やシフト制か否かなどを見る。
 ・時間外。残業・早出・休日出勤に関する項目もチェックすべき。
 ・休日。完全週休二日制と週休二日制は違うので、ローテーション勤務などがないかをチェック。
 ・賃金形態。「月給」「日給月給」「日給」「時間給」では、大きく異なるので注意すべき。
 ・毎月の給与額と昇給・賞与。基本給と能力給、歩合給、家族手当などを確認。
 
 上記の項目をチェックして、現職より上がるのか下がるのか、将来のキャリアプランに合っているかどうかを、冷静に判断する必要があります。40歳での転職は、将来のキャリアに多大な影響を与えるので、キャリアビジョンに合った選択を心がけましょう。

関連記事

af9980011841l

40歳に利用して欲しい求人媒体

40歳に適した求人媒体  求人情報を収集する方法は、いろいろあります。  ハローワークや人材

記事を読む

no image

40代の転職でハローワークはどうなのか

求人情報はあまり役に立たない  求人を探すという意味でハローワークに行っているのでしたら時間の無駄

記事を読む

af9920054163w

応募したい企業が求人を出してないなら諦めるべき?

求人情報がない企業へ応募するときの注意点   転職活動においては、どうしても応募したいと考えて

記事を読む

no image

40代が仕事を探していくのなら

転職サイトを活用しよう  40代となると仕事探しには苦労することになります。だからこそ転職サイトの

記事を読む

no image

転職エージェントを利用して転職を有利に

40代だからこそ役に立つ転職エージェント  転職エージェントとは転職することに特化した企業のことで

記事を読む

転職活動にかける期間が短ければ良いというものではありません

 転職希望者によくある思い込みのひとつに、早期の転職成功があります。簡

転職するなら会社を辞めないで次の会社を探すのがお得ですよ!

 転職をしたい!という男女には、「すぐに会社を辞めます」と言って本当に

デキル人がやっている体調管理の習慣とは・・・?!

 “体調管理も仕事のうち”とよく言われます。デキル人はいつも自分のパフ

面接の時に確認をしておいたほうがいいこと

 転職を希望している40代の男女が、面接を受けると、最後に必ずといって

長年勤めてきた会社の退社理由はどうするか

退社理由で変わる相手の心証  退職の際に重要なポイントとしてこの退職

→もっと見る

PAGE TOP ↑