*

40歳転職成功の流れ

40歳での転職は、若いころと同じようにはいきません。自分の希望だけでなく、応募企業のニーズに応えているのか、自分に市場価値があるのかを把握したうえで、計画的に進める必要があります。そのためのノウハウを紹介します。

転職前の準備

 転職準備として必要不可欠なプロセスに、キャリアの棚卸しと自己分析、キャリアビジョンの再構築があげられます。このプロセスを経ることで、自分が目指すべき転職が明確になります。同時に、自分の市場価値も調べておくとよいでしょう。

参考記事

  • 市場価値をつけておく
  • キャリアプランを立てよう
  • 40代で考える転職活動のやり方
  • 40代でやる自己分析
  • 40代の人間と企業に対して見るべきところ
  • デキル人がやっている体調管理の習慣とは・・・?!
  • 転職するなら会社を辞めないで次の会社を探すのがお得ですよ!
  • 転職活動にかける期間が短ければ良いというものではありません
  • 求人情報を集める

     40歳で応募可能な求人情報を集めるなら、ハイクラスな求人を扱っている転職サイトや、転職エージェントがおすすめです。希望の転職を果たすためには、相当数の企業に応募することが前提です。一つでも多くの求人情報を集めましょう。

    参考記事

  • リクルートエージェント利用者の感想
  • リクナビNEXT利用者の感想
  • 40歳に利用して欲しい求人媒体
  • 応募できる企業の見極め方
  • 応募したい企業が求人を出してないなら諦めるべき?
  • 40代が仕事を探していくのなら
  • 40代の転職でハローワークはどうなのか
  • 転職エージェントを利用して転職を有利に
  • 応募書類の書き方のコツ

     転職者用の履歴書はさまざまな種類があるので、自分が書きやすいものを選び、職務経歴書と内容が重複しないように注意して書きましょう。職務経歴書は、応募職種や組織内の役割などニーズに合った内容を中心に、キャリア式で作成することをおすすめします。

    参考記事

  • 転職エージェントで職務経歴書を添削してもらう
  • キャリアの棚卸し、志望動機の整理をする!
  • 40代による履歴書の書き方
  • 40代で大事な職務経歴書をどう書くか
  • 40代だからこそしっかりと書類を郵送しよう
  • 面接での対応

     40歳の中途採用者の面接では、ビジネスマナーとコミュニケーションスキルが問われます。面接官が年下の場合は特に、謙虚な姿勢で面接に臨んでください。また、質問には簡潔に的確に答えるとともに、対話した内容について質問することで、コミュニケーションスキルの高さをアピールしましょう。

    参考記事

  • 応募書類から面接までのポイント
  • 面接時に条件交渉はしても良い?
  • 面接担当者の本音
  • 答えにくい質問への対処法とは?
  • 面接を受ける心構えとは?
  • 面接の質問の答え方ポイント
  • 40代だからこそマナーは守る
  • 40代転職で聞かれることは何か
  • 逆質問が結果を左右するポイント
  • 円満退職と入社準備

     40歳であれば、将来の仕事に禍根を残さないためにも、円満退職できるよう、しっかり根回ししておきましょう。それと同時に、転職先ですぐに実務に入れるように、入社前から取引先について調べたり、社内のシステムやルールのレクチャーを受けるなど、入社準備も並行して行うとよいでしょう。

    参考記事

  • 40代だからこその円満退職
  • 今後のための挨拶回り
  • 長年勤めてきた会社の退社理由はどうするか

  • 公開日:
    最終更新日:2016/01/14

    転職活動にかける期間が短ければ良いというものではありません

     転職希望者によくある思い込みのひとつに、早期の転職成功があります。簡

    転職するなら会社を辞めないで次の会社を探すのがお得ですよ!

     転職をしたい!という男女には、「すぐに会社を辞めます」と言って本当に

    デキル人がやっている体調管理の習慣とは・・・?!

     “体調管理も仕事のうち”とよく言われます。デキル人はいつも自分のパフ

    面接の時に確認をしておいたほうがいいこと

     転職を希望している40代の男女が、面接を受けると、最後に必ずといって

    長年勤めてきた会社の退社理由はどうするか

    退社理由で変わる相手の心証  退職の際に重要なポイントとしてこの退職

    →もっと見る

    PAGE TOP ↑